ごあいさつIntroduction

院長ごあいさつ

ごあいさつ
石岡 主晨 * いしおか じゅんし

1956年生まれ
盈進高等学校卒業
日本体育大学卒業
日体柔整専門学校卒業

東京都のあくつ整骨院にて4年間、チーフとして活躍
あくつ整骨院退職後、故郷の尾道に帰郷
1983年、いしおか接骨院を開業

現在に至るまでに、延べ100万人の患者の治療を行い特殊手技療法を開発し体の悩みを抱える多くの患者様の改善の手助けを行っている


こんにちは。院長の石岡 主晨です。
今日に至るまでの臨床経験と先人の遺された知識を融合させた“治す治療”を行っております。
必要に応じて柔道整復術・特殊手技療法・特殊電気療法・固定法などを選択し、できる限り早期の回復に努めます。
皆様の抱える悩みの解消を少しでも、お手伝いできればと思っています。

副院長ごあいさつ

ごあいさつ
石岡 由光 * いしおか よしみつ

1985年生まれ

如水館高等学校卒業
福岡大学卒業
福岡柔道整復専門学校(現 福岡医療専門学校)卒業

兵庫県の宮川接骨院にて3年間活躍
宮川接骨院退職後、いしおか接骨院 副院長に就任

こんにちは。副院長の石岡 由光です。
本日は当院のHPを見ていただき、誠にありがとうございます。
私は小学校から大学まで野球・柔道・アメリカンフットボールとスポーツに明け暮れていました。
特に大きな怪我もなく過ごしていましたが(後に、これは父のおかげであったと気づきます)大学4回生の試合で左膝の靭帯を断裂してしまいました。
ドクターにも試合に出場するのは無理だといわれました。
3週間後には学生生活最後の試合がある私に、父がかけてくれた言葉は一つでした。
「帰って来い。何とかしてやる。」
そして、帰郷してからの集中治療で学生生活最後の試合に何とか出場することができました。
半ばあきらめかけていた試合に出場できた感動はいつまでも忘れないでしょう。
また、ドクターも出場不可能と判断したケガを出場できるまでに治療できる接骨院の先生という職業に衝撃をうけた瞬間でもありました。
日常生活での悩み、スポーツでの悩みを抱えていらっしゃる方はたくさんおられると思います。
私たちと一緒に悩みを解決していきましょう!

ページのトップへ