ごあいさつMedical Examination

保険診療内容

  • 骨折
  • 脱臼(骨がはずれた)
  • 捻挫(足をひねった、突き指をした等)
  • 挫傷(急に走ったら肉ばなれをした等)
  • 打撲(ボールが当たりケガをした等)

保険外項目

※どんな場合

  • 原因のはっきりしない、日常生活の疲れ(肩こり、腰痛など)
  • スポーツなどの肉体疲労
  • 内科的疾患を原因とした神経痛・リウマチ・五十肩など
  • 事故などの後遺症
  • 椎間板ヘルニア、坐骨神経痛など
  • 変形性の関節症による痛みなど

治療案内

当院では丁寧な問診・診察のうえ、患者様とご相談し患者様にあった治療内容を提案します。

柔道整復術

痛みの原因となっている筋肉や関節周辺の組織を的確にとらえて、緩めたり、動かしたりして調整します。

痛みの原因に直接作用することは勿論のこと、最新の治療機器の導入により、筋肉などの組織のみならず神経に対するアプローチも可能になりました。

関節のかみ合わせ、動きを正常化し、生体メカニズムを整えます。

関節を固定するだけではなく、筋肉の働きを助けるテーピングや競技能力を向上させるテーピングまで、幅広く行います。ご希望があればテープを購入していただき、テーピングを指導します。

テーピング治療

干渉波と吸引刺激により、立体的な通電を行い、深部の神経・血管を刺激して血流を良くし、筋肉をほぐす事で痛みを和らげます。

エクササイズマシーン

立っているだけで下肢の筋力トレーニングができます。
5分間乗るだけで1時間のウォーキングと同じ筋肉の運動量があります。
ダイエット・腰痛予防・むくみ改善などに効果的です。
当院では治療の一環として、リハビリ目的で使用しておりますが、エクササイズマシーンのみの利用も可能です。

高濃度酸素と高気圧が体にもたらす効果を融合した治療器機です。
体内の酸素不足は細胞の代謝や活性を低下させ、様々な悪影響を引き起こします。
当院の治療と組み合わせる事で、さらに効果を高め、身体の回復を早めます。

高圧酸素カプセル

様々なアスリートに支持される、今最も注目される微弱電流治療。
アスリートの早期回復・コンディショニングを目的に、各分野のプロチーム、ナショナルチームなどが導入している治療器です。
当院では、微弱電流治療器としては最新の「エレサス」を導入しています。
微弱電流とは通常治療に使われるmA(ミリアンペア)電流よりも出力の低いμA(マイクロアンペア)という生体電流に非常に近い電流で、身体の細胞レベルに作用し、痛みを和らげます。
スポーツ障害はもとより、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、慢性・急性を問わず、体の痛みに有効です。
手術後のうずくような痛み、関節拘縮、しびれ等にも対応します。
また、全身通電、脊髄通電などによる、自律神経治療も行います。
痛みに弱い、刺激に敏感という方や、何をやっても痛みが取れなかった方、一度ご相談ください。

微弱電流治療

当院では、まず最初に『ゆがみーる』という最新のゆがみ測定器を用い、現在の体の状態を測定します。
その結果をもとに、しっかりとしたカウンセリングを行い、現状認識をします。
人の体のゆがみは、10人いれば10人とも違います。
それぞれの状態に合わせて、最良の治療・指導を提案します。

【体のゆがみを整えた際の効果】

  • 体の土台となる骨のかみ合わせ、並びがよくなり、姿勢が良くなります。
  • 神経の圧迫などが取り除かれ、血流が改善し、免疫力が向上します。
  • 腰や、肩、首などの筋肉が柔らかくなり、症状が改善します。
  • 体に無理をさせることが少なくなるため、疲れにくい体になります。
  • 姿勢が良くなる事で、ボディラインが綺麗になります。
  • 内臓の圧迫が軽減し、機能が向上するため、生理痛や便秘などの症状が良くなります。
  • 下半身の血流量が増え、冷え症・むくみが改善されます。

当院では股関節周辺の筋・靭帯を矯正・整復し、股関節の内旋を改善し、O脚を矯正します。

O脚とは…
下肢が股関節から内旋し、大腿の後ろにあるべき筋肉などが外側へ移動し、骨盤が前傾する現象です。
主な特徴
・下腹が出る
・ふともも、ふくらはぎが太く見える
・下半身太りに見える
美容的観点からだけでなく、姿勢からくる痛みを改善したり、将来的な関節の変形といったリスクを予防します。

外反母趾は見た目上の問題もありますが、重症化すると歩行にまで影響にまで影響する恐ろしい疾患です。
私たちの足は、3つのアーチで体を支え動いてます。
内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチで構成され、この3つのアーチでドームを作ることで、体重を支え地面からの衝撃を吸収しています。
この3つのアーチの中で、2つの縦アーチが崩れて、土踏まずが無い状態の足を偏平足といい、横アーチだけが崩れて横幅が広がってしまった状態の足を開張足と呼びます。
外反母趾は悪い生活習慣によって開張足になることから始まります。
症状が進行すると、足の親指が脱臼したり、最悪の場合、手術をすることが必要になってしまいます。

PNF筋整復法(院長特別手技療法)

体に負担をかけずに筋肉及び、筋肉を支配する神経を活発にし、人間が本来持つ機能を回復させ、痛みを軽減する優れた治療法です。
手技療法を中心に、患者様一人ひとりの状態を見極め、様々な治療を選択します。
老若男女を問わず、トップアスリートまた海外からも患者は来院し、その治療技術は支持されています。
柔道整復師として35年、のべ100万人の患者を治療し続けてきた当院院長だからこそ、可能な治療です。

ページのトップへ