家での応急処置 RICE

家での応急処置 RICE

Rest…安静
ケガをした部分は動かすと、負傷部分の悪化を招きます。
患部は動かさず、安静にし、ケガをしたという心理的ショックも取り除きましょう。
Icing…冷却
これにより炎症が広範囲に広がる事を防ぎます。
ケガをした直後から冷やして下さい。
まだ、患部が腫れていないうちから冷やすとより効果的です。
冷やす際は、コールドスプレーや湿布などではなく、アイスノンや氷を使うようにしましょう。
時間の目安は15分~30分です。
Compression…圧迫
アイシングと同じで腫れや内出血を最小限に控えるのが目的です。
目安としては、アイシングと同様に、15分~30分です。
患部を軽く押さえるだけにして下さい。
マッサージはしてはいけません。
Elevation…挙上
患部を心臓より高くして、患部への血液やリンパ液の流入を抑え、腫れをおさえます。
足のケガなら横になって足を上げ、手や肩のケガなら、三角巾などでつるなどが方法としてあります。

RICEはあくまでも応急処理ですので医療機関での診療を受けましょう

ページのトップへ